スタッフブログ

三三九度に込められた伝統の想い

北九州で愛され続けて・・・100年☆彡
こんにちは ブライダルスタッフです!

今日から10月!始まりましたね
本当に早いもので2018年も
残り3ヶ月!!
毎年ながらこの速さには驚きます

さて本日は 昨日の続き
『三三九度』の意味をご紹介致します♪

まずは三三九度の仕方です
1.巫女さんがお銚子からひとつの盃にお神酒を3回で注ぎます
2.お二人が交互に3回でお神酒を口にします
3.1と2を 小さい盃:新郎新婦新郎
中くらいの盃:新婦新郎新婦
大きい盃:新郎新婦新郎
の順番で繰り返します

3回でお神酒を飲み切ることには
一口目は神様へ
二口目は家族へ
三口目はゲストの皆様へ
それぞれへの感謝と誓いが込められているそうです☺

またお神酒をひとつの盃で交互に口にすることにより
固い絆を結び一生苦楽を共にするという
誓いを意味していると伝えられています

1093-6679.jpg

1096-6682.jpg

「三つの盃を使い 三回で注ぎ 三回で飲み
新郎新婦合わせて九回お神酒を口にする」
このことから『三三九度』と言われています

全てわりきれない数で構成されているのも
伝統のある儀式だからこそです

プランのご案内はこちら→http://chigusa-h.net/plan/

フェアのご案内はこちら→http://chigusa-h.net/fair/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

館内のご見学・ご結婚式のご相談は・・・
<千草ホテル ブライダルスタッフ>
093-671-1135
営業時間:平日11時~19時(火曜日定休日)
土日・祝日10時~19時