スタッフブログ

ウエディングドレスのもつ意味とは!

北九州で愛され続けて・・・100年
こんにちは ブライダルスタッフです!

早いもので…
1月ももう半分が過ぎました🐣
2019年もあっという間に
時が経ちそうですね🍃

チャペルでの挙式の際は
白を貴重とした
ウエディングドレスを
お召しになるのが主流ですよね

ではなぜ
チャペル式の際は
ウエディングドレス
お召になるのか
これにもしっかりと意味があるんです♪

元々真っ白のウエディングドレスを
着るようになったのは
19世紀の英国でウ゛ィクトリア女王が
挙式の際に真っ白なドレスで
誓いを立てられたのが始まりと言われています!

「白」という色は「純潔」や「清楚」といった
清らかさを象徴し
「まだ何色にも染まっていない」
という意味を表しています

そこで花嫁の「純真」さの表しと
これからは「あなたの色に染まります」
という意味を込め
ウエディングドレスが
誓いのひと時である
挙式で多く用いられるようになったそうです✨

1110-4359.jpg

意味や歴史を知ることで
実際に着るときの気持ちが
よりキラキラしますね👰💞

 

プランのご案内はこちら→http://chigusa-h.net/plan/

フェアのご案内はこちら→http://chigusa-h.net/fair/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

館内のご見学・ご結婚式のご相談は・・・
<千草ホテル ブライダルスタッフ>
093-671-1135
営業時間:平日11時~19時(火曜日定休日)
土日・祝日10時~19時

お気軽にお問い合わせください🌼